Month: 3月 2018

今日は、子供たちのインフルエンザ予防接種2回目

今日は、小学生の子供たちが帰宅したら、サクっと支度して、予約しているクリニックに行くのです。
天気が良いので、その点は安心ですが、週末からぐぐっと寒くなるとの予報なので、なんとな〜くですが、夕方以降のお出かけは不安です。
とりあえずは、ちょっとあったかな感じの羽織モノとマフラーで良いかしら。
おばさん、冷えるとしんどいんです。冷えは万病のモトですよね。
ところで注射ですが、高学年の子供の方は、やっと落ち着いて受けることができるのですが、低学年の子供の方は逃げたい一心のため、なだめすかしてようやく連れていき、診察室の土壇場で泣き出し拒否するという状況が容易に想像できます。
あぁ〜・・・・なかなか気分的にしんどいです。
でも、そんな愚痴も後数年でしょうかね〜。
今だけの辛抱ですね。
上の子にいたっては、中学生以降は接種一回で良いので、経済的にも楽になりますしね。
今日は、子供たちの好きなお菓子を買ってあります。
クリニックから帰ったら”ご褒美”として、食べてもらう予定です。
子供が小さい、今のうちだけですよね〜。それはそれで、寂しいかも。即日 カードローン 夜間

公立中学校の入学説明会に参加してきました

中学校の入学説明会に行ってきました。受験して入る公立の学校1校と、学区の小学校から行く公立中学校と両方の説明会に参加したのですが、カリキュラムに差がありすぎて驚きました。どちらも公立なので教科書は同じで学ぶ教科も同じですが、授業時間や課外授業に違いがあります。受験して入る学校は1年生から体験授業が頻繁に入っています。中高一貫校なので6年間通して学ぶので一年間の余裕があるのかもしれません。
学校の内容にも違いがありましたが、来ている保護者にも違いがありました。
学区から皆んなが行く中学校の方は、買い物帰りにきたのか、ビニールをたくさんぶら下げてぷらりと来て、記名して資料を受け取っても会釈もしないで席に着く人や、知り合いを見つけてくっちゃべっている人もいてびっくりでした。さすがに受験校は皆メモを取りながら真剣に聞いていて、先生がたの話しにいちいち頷いたりしていました。
さて、どちらに子供を行かせたいかは家庭によっても違いますが、環境に左右されやすい年齢だからこそ良い学校にご縁があれば良いなと思うのです。今まで学祭や学校見学を散々して来ましたが、説明会を開いてみて改めて意識が変わりました。