Month: 9月 2017

恋を期待してmixiに書き込んだけど返信はもうしません

mixiに登録をしました。
登録したのは数ヶ月前だったけど完全ロム専でした。
私の友達はmixiで出会った人と仲良くなって結婚をしたので、私もそういう出会いがないかなーなんて期待をしながらコミュニティに書き込みました。
メールが来たのですが、なんか私の理想とは違うんですよね。
彼女の場合は趣味友達として仲良くなった人と恋人になり結婚したのですが、私がメールをくれた人は明らかに出会い厨みたいな臭いのする人でした。
自然に仲良くなるのは難しいタイプの人です。
興味のあることはどうやら同じようなのですが、いきなり私の年齢や住んでいる所を聞いて来たりしているのに自分は教えていなかったり、メールもなんだか盛り上がりません。
申し 訳ないですがこの方にはもうメールの返信を送らないと思いますね。
そもそも私が書き込みしたコミュニティが地域の掲示板だったので間違いだったのかも知れません。趣味のコミュに書き込めば良かったです。ミュゼ ログインできない

通常トラブルを通して自分がすべきことは何

 近頃、熊本で前代未聞の大地震がありました。歴史的住居の不幸、多くの尊い人命が失われた時、年がら年中連絡で映し出され、「あしたは我が身」だと、又もや考えさせられました。十ご時世まわり傍、福岡でも地震があり、俺はフィールドにいた訳ではありませんが、大きなバイブレーションを感じました。その日は土曜日で、連日の疲れを癒そうと、自宅で朝風呂に入っていました。入浴してしばらくすると、ちょっとバイブレーションを感じましたが、当時、2階層建てのアパートに住んでいたので、風の音や時点の立ち下りに見えるバイブレーションだと思いました。ボディーも程よく温まり、洗髪している時だ。大きなバイブレーションを捉え、少々続きました。慌てて落とし、脱衣土俵にてボディーをふき、テレビジョンを置きた位置、福岡で地震が発生した内容、どの局も速報で流していました。急いで衣装を着て、どうしたらいいものか考えました。気体ま閉まっている、水道も止めた、どこに避難したらいいのか、考えれば考える程分からなくなり、テレビジョンで姿を確かめ、最新のDBを得たうえで所作しようと思いました。広くバイブレーションはしたものの、棚やたんすが壊れたりするような負傷はなく、地震後は、今まで通り毎日をすることができました。当時の俺は、独り暮らしで一人暮らし。何かあったときの時なんて、主観もせず、他人事のように思っていました。しかし、地震以後、一人暮らしが故の計画をとらなければと憧れ、自宅で便所に混ざる時は、ドアを少しだけ開けて置き、通帳やハンコなどといったものは、かさばることは承知で、常に持ち歩く、裏面の中には、役職ライセンスと上るものを入れておく、ハンカチ・ティッシュ・ハンド手拭いを2お日様食い分程入れておく、絆創膏や常備薬を入れておく、などの考えつくことを大まかし、何かが置きた状況、そのバックを片手に逃げようと思いました。これくらいでは、あまいと思われてもメソッドがありませんが、悪しからず。
 現在はウェディングをし、小児の大切を守らなければならない立場となりました。今でも、自宅で便所に混ざる時は、ちょっぴりドアを開け、直ちに飛び出せるようにしています。裏面の中味もいまだにですが、小児ができた今回、母子メモとお薬メモ用紙を追加して備えています。
 私たちは、順当災いに対して無力なのです。無力だからこそ、各自でもらえる設けが大切なのだと、改めて思いました。http://xn--eckeogs9d6olcm8ec1h.xyz/