Windows10の売りの一つに「高速化」があります。
Win7や8.1と比較して高速で動かせるとのことですが、OSを起動した時にあまり変化が見られない、或いは遅く感じることはないでしょうか。
Win10は高速化を売りにしていますが、各デバイスのチェックの他に、ネットワークを通じたサーバへのアクセス等、OSが起動するまでに様々な処理を行っていますので、速さを実感できないことがあります。
また、以前のOSを引き継いでアップグレードした場合は、デバイスで不具合が起きていることもあり、高速化の邪魔をしてしまいます。

そこで、どうしても起動を速めたい時は、「高速スタートアップ」を利用してみましょう。
高速スタートアップとは、シャットダウンと同時にデバイスやメモリー等の情報を保存し、起動時の処理を減らすことで起動を速める機能です。
設定するには「コントロールパネル」を開き、「電源オプション」の中のシステム設定を開いて、「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリックします。
その中に「高速スタートアップを有効にする」という項目があるので、ONに設定してください。

これで起動が速くなりますが、起動時に終了時と異なるデバイスが接続されると不具合が起きることがあります。
周辺機器を使用する場合は、OS起動後に接続することをお忘れなく。3万円 借りたい